笑顔のビジネスマン達

サービス利用の変化

力説する男性

税理士が提供するサービス

一昔前までの税理士は、個人客相手のサービスはほとんど取り扱っていませんでした。法人向けの税務業務を取り扱うついでに、取引先企業のオーナーなどから依頼されれば、個人の相続税申告手続きを代行するような調子で営業していた税理士事務所が大半でした。サービスを提供する代価として受け取れる報酬額が税理士会の方で決められていたため、手間がかかる割りに身入りが少ない個人向けの税務サービスは取り扱わないようにする税理士事務所が大半でした。しかし、法律が改正されて各税理士が自由に料金を決められるようになった影響もあり、個人客向けの税務サービスを提供する事務所が増加してくるようになりました。その結果、個人客が税理士事務所を利用するケースが急増しています。

どうなっていくのか

今後は、個人客向けの税務サービスの拡充に力を入れる事務所が増えるのではないかと予想されています。なぜそうなるのかというと、公認会計士が法人税務分野に進出するケースが目立つようになってきているためです。公認会計士の本来業務は会計監査業務なのですが、公認会計士に監査を依頼する企業数が減っています。最近は少しずつ景気回復の兆しが見られるようになってきていますが、監査業務の依頼が急増することまでは期待できません。仕事にあぶれた公認会計士が、従来であれば税理士が独占していた法人税務分野に進出してくるケースが増えたため、税理士に対する法人税務業務の依頼件数が減ってきています。新たな活路を見出すために、個人客向けの税務サービスに力を入れる税理士が増えてきているのですが、その傾向は今後さらに強まるものと考えられています。